改善を望まれる煩雑なアイデンティティ管理

@ITは2009年3月のリバティ・アライアンス記事 いま企業に求められるID管理基盤とは
~多様化するITシステム運用の切り札
ではPR記事乍も有用な知見を齎してくれるように思います。
多くのユーザーIDとパスワードを管理することを求められています。これは、ユーザーにとってやっかいというだけではなく、かえってセキュリティが悪化している状況です。
(ry
ID管理が提供するSSO(シングル・サイン・オン)機能により、ユーザーが管理しなければならないユーザーIDとパスワードのペアの数を大きく減少できます。一度ログオンしておけば、再度のIDとパスワードの入力なしに権限があるシステムやリソースにアクセスできるようになります。これは、ユーザーの負担を減らすだけではなく、セキュリティの向上にも大きく貢献できます。
此の引用には、Googleより提供されるサービスが紆余曲折はあり乍も、 当初入手したGmailアカウントで総て利用出来れば、 余りの便利さにGoogleに多くデータを預け過ぎる傾向を招くと云えども、 其の有用性は常日頃感じられる処にて、全く賛同せざるを得ません。
スポンサーリンク
質問者の各ディレクトリサービスとの比較に関する問い掛けには、
1つの製品にすべてのユーザー情報を物理的に集約するのは現在では合理的なアプローチとは言えないと思います。企業内にはレガシーのディレクトリ・サービス、UNIX系のディレクトリ・サービス、アプリケーション独自のディレクトリ・サービスなど多様なユーザー情報管理基盤が存在します。さらに、企業間の連携や企業内システムとクラウド・サービスとの連携などの必要性も考えると多様性はさらに増加します。
なる主張を為すように、 リバティ・アライアンスが提供するサービスはID管理の分散化に依って効率化を図るものの様で、 此の優位性を唱えるに、質問者が又、
ID管理の分野における注目度という点ではOpenIDが話題になることが多いように思えます
とドメインを変じて問えば、OpenIDでは簡便性を優先し、リバティ・アライアンスでは安全性を優先する旨、主張し乍も、
両者は最初の入り口こそ異なっていますが、目指す最終的な目的地はそれほど変わらないと思います。また、もちろん、リバティ・アライアンスとOpenIDは相互排他的な選択肢ではなく、相互運用性の確保に向けた取り組みも始まっています。
と応えられ、当社提供のサービスの概要が浮き上がると共に、 読者にID管理に関する輪郭をも明確にしてくれる様に思います。
スポンサーリンク

「改善を望まれる煩雑なアイデンティティ管理」への1件のフィードバック

  1. IPA・ISEC情報セキュリティ技術動向報告書

    CNETJapanの2009年3月25日の吉澤亨史氏による記事IPA⁄ISEC、注目の情報セキュリティ技術動向をまとめた報告書を公開に独立行政法人 情報処理推進機構(IPA/ISEC)は3月23日、2008年下半期における情報セキュリティ関連の技術動向をまとめた「情報セキュリティ技術動向

コメントは受け付けていません。