経営理念とデザイン

趣味で運営するホームページは其の限りではありませんが、 ビジネスで運営するホームページには、仮令自社周知の為のみにあらずとも、 単に会社概要の一コンテンツとしての経営トップ挨拶に見られる経営理念テキストにあらぬ、 経営理念を形としてデザインに反映する必要があります、 とは云え、どの様に実践するかとなれば此れはなかなか難しい問題にて、 個別企業に於いては矢張り自ら試行錯誤の上、 当該ホームページを構築していく他無く思いますが、 其の際、対照的に構成されるが考察に有益な、 又、何故経営理念を映じたホームページデザインが必須となるかのベストプラクティスとしても、 参照するに有効であるが、 検索エンジンの両雄、 グーグルヤフー かと考えます。

此れにはホームページについて此の身の支援に伺った先にて、 情報の恣意的なるが些か詰め込み過ぎにあるかと存知候と申し上げれば、 常々其れは感じたるも、 扠では当社ホームページのトップページには如何なる構成の最適なるやと問われ、 応ずに大前提のホームページの目的の未だ判然せざるが大問題であり、 目的設定の前提なるが経営理念若しくは其のブレークダウン、 其の結果がグーグルに傾こうがヤフーに傾こうが、 自社に取り最適なるが最善なり、 と忠すを敷衍するアーティクルとなります。
スポンサーリンク
先ずは、ヤフー株式会社にては其のコーポレートミッションと窺えるは ヤフー株式会社IR情報:トップメッセージ に代表取締役社長井上雅博氏の言としての インターネットを通じて、いつでも、どこでもお客さまの役に立つサービスを提供し続ける が上げられるかに存知ます。
次に、グーグルのコーポレートミッションと云えば現在、 Google 会社情報: Google の理念 に記載されもすれ、一方、此れはもう巷間流布し切った感の有るは、 ITメディアエンタープライズの新春インタビュー2005の グーグル日本法人社長村上憲郎氏が語られる 世界の情報のすべてをオーガナイズし、それをアクセス可能にすることが重要 の記事タイトルにも引用されるが如く 世界の情報のすべてをオーガナイズし、それをアクセス可能にする にてあります。

上記、両者コーポレートミッションを参照の上、両者サイトを見れば、 其の出自をディレクトリサービスに持ち、 一時はGoogle検索さえ其の提供サービスの一部であった、 如何にも百貨店的、ごった煮、カオス的なヤフーに対し、 現在のドットco.jpのトップは大分日本向けにアレンジされ、情報が追加された感がありますが、 ドットcomに於いては起業時から略其の儘の企業精神剥き出しの検索窓ひとつと云った構成は、 むしろ清々しくすらある、グーグルのシンプル此の上無い対比が見て取れ、 此の際立った対照に遂には両社のコーポレートミッションが反映している様が、 仮令感覚的なものに過ぎぬと云えども、明瞭に浮かび上がり見て取ることが充分可能であると考えます。

但し、所謂大企業に於いても其の経営理念がホームページに反映されているとは多く見受け難い状況でもあり、 オンラインとの親和性や、沿革、企業風土にも左右される為、 此れ等両社の如く、其の儘経営理念の反映されるは難易度が高くありますので、 経営理念よりブレークダウンされた中長期的目標、 更にブレークダウンした一キャンペーン抔に於ける目標の、 ホームページへの落し込みから始めるのも、有効かに考えます。

コーポレートミッションなるは如何なるものかと問えば みずほコーポレート銀行:コーポレートミッション では構成として同社 Core Values の上位に Corporate Mission を位置し、
  1. 目的・使命:私たちは何のために存在しているか
  2. 願望:どのような存在になりたいか私たちは何を目指しているのか
と定義しています。 その他鑑み、本アーティクルでは経営理念に該当するものとしてコーポレートミッションを扱っています。
スポンサーリンク

「経営理念とデザイン」への1件のフィードバック

  1. ホームページ運営の目的

    当ブログのカテゴリーなるはホームページマネジメントの前回、2009年3月1日のアーティクル経営理念とデザインにて言及するは、共に検索エンジンをコアコンピタンスとし乍、其のホームページの対照的な表現に、参考の好適としたが現在IT業界に並び立つ両雄、ヤフーと、グーグ

コメントは受け付けていません。