リスティング広告に依る自ブログ広告の可能性

通常大手広告代理店と個人が取引を行うことはあり得ません。 単価の極小な事業に彼等が手を出すことはあり得ないことです。 彼等の鼻で嗤う、其の事業ドメインにこそ、 実は巨大マーケットが存在することを証明したのが Google Adwards であろうと思います。 であればこそ、個人若しくは事業規模の小さな事業主氏には福音となりて、 活用しない手はなく思います。 今やGoogleに対抗せんものとYahoo!系の オーバーチュア も競い有効なリスティング広告サービスを提供する当世なれば、 選択肢も存在し、扠では導入をせんものとすに当たり、 どれ程の費用が掛り、どの程度の効果が期待出来るのかと云う、 必然涌いて出る疑問にある程度効果を以て応え得る記事が Geekなページ の2009年1月13日に掲載されるが Google AdwordsとOvertureに広告掲載した経験を公開 にて、Adwardsについては具体的な数値が挙げられた上で、 数値の残らないオーバーチュアも含めた感想として、
既にベースがある場合と違い、最初に何の裏付けも無い状態でWebを立ち上げたときにAdwordsやOvertureは非常にありがたい存在だというのがよくわかりました。
(ry
マイナーキーワード系の広告としては、検索エンジン広告は本当に強いですね。
とあるが有用な知見たると考えます。

又、上記記事を Geekなページ に掲載するを思い立たせしめた記事が記事内に紹介さる IT戦記 の同日の2009年1月13日の Google Adsense の件について なる記事にて、 影響の有るブロガーともなると広告出稿だけでも話題になるが知られ、 其の現象に応える形になっており、 広告を出した理由として三箇条の列挙されるが
  • 広告の効果を生の感覚として知りたかった
  • いつでも広告を出せる準備をしたかった
  • いち個人でも出せるものなのか知りたかった
とされ、第二箇条及び第三箇条では或る種手応えは抱かれた塩梅にて、 実際の効果及び第一箇条が詳細は次回記事に譲られるべく述べられていますので、 楽しみに待ち度思います。

当アーティクル冒頭に申し上げた如く、遂に小規模組織にも大規模広告への道の開かれるに当たり、 未だ曖昧模糊、判然せざるが脳裏には下記に引用の Geekなページ の纏めの一文が印象的であると共にブロガーたる吾人の背中を押してくれるのではないでしょうか。
数回飲みに行くような金額で実現可能なので、色々やってみると楽しいと思いますよ!
スポンサーリンク

「リスティング広告に依る自ブログ広告の可能性」への1件のフィードバック

  1. Google,Yahoo に コマーシャルを載せる

    Google,Yahoo に コマーシャルを載せる。といっても、バナー広告ではなくて、検索したときに出てくる、あの「検索連動型広告」です。業界的には「リスティング広告」というほうが、話が通ったりします。検索キーワードに対して、広告の内容が決まるので、広告を見せたい相手

コメントは受け付けていません。