RMT(Real Money Trade)の一面及び一事例

RMT(Real Money Trade) 迄遂に達せず終了を告げたは残念なるGoogle提供のセカンドライフ的サービス、 当ブログ2008年11月26日のアーティクル Googleの「Lively」年内閉鎖 でも取り上げた Lively(リヴリー) の同じく当ブログにても仮想通貨について僅か許り言及のアーティクルは2008年7月12日の Google的セカンドライフ/Lively.com にて、大いに期待したものですが、 当該RMT(Real Money Trade)についての興味深い記事が ホームページを作る人のネタ帳 の2008年11月15日に 仕事なにしてるの?え・・・リネージュ2?は?w として掲載されており、 廃人BOT 抔、此の視点からは多少否定的な色合いを帯びていますが、 こと金銭となれば孰れにても暗黒部の存在するものから、 紹介記事にてもRMTを主に据えぬ人間面の考察なれば首肯出来る内容も、 かと云い他処に移し視点を変えた際にもRMTなるもの総てを否定するのは如何にも惜しく思われるは、 可能性を高く評価していればこそ、 何うにかリアルと誰の目にも明らかなる倫理及び合法を以て、 融合さるサービスのゲームに限らず、 例えば家電量販店のポイント制の敷衍せるものの応用抔として、 登場して欲しく切に思います。
スポンサーリンク