J-SOX法

J-SOX法を具々ってみれば情報の過多に依るものか、 なかなかクリティカルと思われる情報の得られず、となれば其の様な時の定番は頼みの綱、ウィキペディアには 金融商品取引法 3.6.日本版SOX法 が項目立てられ、依れば、 金融商品取引に於き義務付けられる内部統制報告書の提出に関する部分を指して一般的に「 日本版SOX法 」あるいは「 J-SOX法 」と呼称する様です。 となれば重要なるは 内部統制 にて此れも同じく、ウィキペディアには 其の物ズバリ 内部統制 として項目立てられるを、概要以下適宜引用すれば、
内部統制とは、基本的に、業務の有効性及び効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守並びに資産の保全の 4つの目的
  1. 業務の有効性・効率性
  2. 財務報告の信頼性
  3. 法令遵守
  4. 資産の保全
が達成されているとの合理的な保証を得るために、業務に組み込まれ、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスをいい、統制環境、リスクの評価と対応、統制活動、情報と伝達、モニタリング(監視活動)及びIT(情報技術)への対応の 6つの基本的要素
  1. 統制環境
  2. リスクの評価と対応
  3. 統制活動
  4. 情報と伝達
  5. モニタリング
  6. ITへの対応
から構成される。
と、上手く纏められる様に思います。

扠以上鑑みて、分かった様な分からない様な際には御本尊を拝むに若くはなく而して以下 金融商品取引法施行令
(昭和四十年九月三十日政令第三百二十一号)
最終改正:平成二〇年七月四日政令第二一九号
とあるを閲すれば、 矢張り、分かった様な分からない様な、 Web上になかなかクリティカルな情報の見つからないのも、 簡便な理解を求める自らの責任と法文の責任との合わせ技にて 宜成る哉と頷けようと云うものです。
スポンサーリンク