視点を転じたiPhoneマーケット状況

当ブログでは検索すれば 存外多量のiPhone関係アーティクル を取り上げたのは2009年1月現在、 就中、2008年06月18日のアーティクル 携帯機種変更に於けるデータ継続利用 では其の盛り上がり振りをお伝えするも fladdict の2008年12月29日の記事 iPhoneアプリって結局儲かるの? を拝見すれば又、 ユーザー側、キャリア側から見たとは異なる アプリ供給プレイヤー側の視点で見たiPhoneの主に本邦のマーケット状況が窺え、 実に興味深く拝見いたしました。

iPhoneアプリは儲かるのか? として項目立てられるに先ず記述される結論を引用すれば
個人でやるには勝負の目はある一方、企業でやるなばら国際展開を狙えないのならお金をドブに捨てるだけ、という印象です。
と明瞭に述べられ、次には具体的な数値で以て 此の結論へと至った考察が記されます。
当結論に対し、可能性も述べられるは公正なる、 当ブログの可也憶測を含めた部分で下に列挙すれば
  1. 国際市場の可能性
    市場をパイの大きな国際的なレンジに求める。
  2. 広告としての可能性
    広告として間接的な収益を図る。
  3. WEB業者としての可能性
    デスクトップアプリの構築スキルに、Webのスキルも併せ持てば、 アドバンテージを得られる。
  4. 極小組織としての可能性
    ベンチャー立ち上げ抔、技術力及び発想は有せど、小資本での勝負を余儀なくされる組織には最適である。
となるかに思います。
孰れにせよ、現時点ではアプリサプライ業者としてはなかなか難しい部分があることが知られ、 貴重な定量的データが提供されるとあって、若し当市場に打って出る意向の際には、 実に有用なる記事だと感じます。
スポンサーリンク