サイト売買仲介サイト乱立における差別化

SEO に関して貴重な情報を屡齎していただき勉強になること多く、 当ブログにも時折ご登場いただくのは渡辺隆広氏の取締役を務める 株式会社アイレップが株式会社デジパよりサイト売買仲介サイト「 サイトストック 」を購入し、 サイト売買仲介事業を譲り受けるについてのプレスリリースが同社サイトに掲載されているのが アイレップ、デジパのサイト売買仲介サイト「サイトストック」運営事業を譲受け にて、 当ニュースを報じるのが下記の幾つかのサイト に夫々の切り口で掲載されるものの、 共通して捉えられているのは、同社のコアコンピタンスたる SEM を付加価値として、 サイト売買に於けるサイト評価項目に加えると云うことの様に思います。
「サイト売買仲介」で具々れば検索結果は宛ら百花繚乱と云うべきか百家争鳴と云うべきか、 兎も角も賑わいの様相を呈するは間違いなく、其の中で浮上を果たすのが難しいと判断した 株式会社デジパが SEM の加味を競争力の源泉とすれば充分勝算があると踏んだ 株式会社アイレップの受諾を受けて至る本案件である思うのですが、 其のサイト売買の際に当サイトが利用されたか如何かは残念乍判然しません。
スポンサーリンク

「サイト売買仲介サイト乱立における差別化」への1件のフィードバック

  1. 回帰分析を使用したサイト評価の標準化

    サイトの評価を行う際、此れを以て世に勃興したGoogleのページランクでは、被リンクを計量することに依って、サイト評価たるものを実に有効たらしめ、実際其の検索結果の実用的であるが故に、今やIT業界の覇者として君臨します。Web担当者Forumの2008年8月27日の記事として、

コメントは受け付けていません。