WEB解析ツールによるオンラインビジネスの最適化

当ブログの参照先としてはお馴染みのWeb担当者Forumに 2008年7月11付で柏木恵子氏の取材及び文責で掲載されたのは 「注目企業のネットビジネス戦略」 シリーズの2008年7月11日の記事 オムニチュア株式会社 ウェブ解析ツールを中心にオンラインビジネスの最適化プラットフォームを提供 にてアクセス解析ツールとしては有名処の SiteCatalyst(サイトカタリスト) を扱う オムニチュアの日本法人 の代表である尾辻マーカス氏のインタビューについて纏められており、 同社の設立経緯、概要及び日本での現状、具体事例、 及びアクセス解析のマーケティングに於ける活用方法抔が述べられ、 有効な参照記事になっているかに思います。

広くWEBサイトへの予算についての問い掛けを氏に為していますが、 最早問題は其処にはあらぬかに思われ、是非アクセス解析、WEB解析ツールへの予算投入に焦点を絞って欲しく思うも
オンラインマーケティング、特にウェブ解析という分野はまだできたばかりなので、大学で教えてもらえるわけでもありません。技術としてあまりにも急激に確立して、ほとんど誰も知らないような状況から1~2年で、誰も彼もが必死で取り組まなければならないものになってしまったわけです。だから実際にできる人というのが本当に少ない。これは日本も米国も同じです。
と引用部に語られる様に、未だ本邦のみならずなかなかアクセス解析たるものの重要性が認識されおらず、 インタビューは広範に訴求する必要上、已矣哉とも思います。

アクセス解析及びWEBマーケティングは其の適用範囲は 業種に於いては巷間流布するECサイトのみならず、 メディア企業金融業が挙げられれば、 更に広くスコープは適用され得るべきにてあり、 また規模に於いてもオムニチュアに於いては大手から中規模がターゲットユーザーとして挙げられるものの、 小規模にても其の有効性に言及されています。
大手に於いては舵を切る重さからなかなか方向転換の利かない体制も、 小規模にては小回りの利き、 アクセス解析から得られたデータを即時、当該社WEBサイトに適用可能と云う部分に於いて、 充分大手に対応し得る現状さえ読み取れます。

オムニチュアではユーザーカンファレンスの日本で開催するとあれば、 此れはオムニチュアユーザーのみならず、広く本邦IT界、オンラインビジネス業界啓蒙の嚆矢ともなり、 今後益々此れ等アクセス解析に関する技術、知識の広い普及が予想され、 活用する者、せざる者の二者間の格差が広がるかに考えられます。
スポンサーリンク

「WEB解析ツールによるオンラインビジネスの最適化」への1件のフィードバック

  1. オムニチュアサミットとWEBマーケティング

    当ブログ2008年7月17日のアーティクルWEB解析ツールによるオンラインビジネスの最適化で言及したのはアーティクル内でご紹介したWEB解析ツールを提供する企業オムニチュアによる本邦開催のユーザーカンファレンスにて、当ブログの情報の読み取りが不正確にて実施予告なる記述

コメントは受け付けていません。