SEOに見る世評と実質の乖離

巷間流布してか近頃度々耳にするは、 関係業者も出没しては営業の跋扈たると聞き及ぶ、 餌食になってなるものかと思い乍も気になる其の名こそ、 サーチエンジンオプティマイゼーション(Search Engine Optimization)の此れを略称するに、 即ち エスイーオー と呼び セオ とも呼ばれるを、 訳も分からずSEO、SEOと遠州雀の喧しきに如何なものかと思う折に目にしたが CNET Japanの渡辺隆広のサーチエンジン情報館の2008年12月8日の記事 SEOで重要なのはランキング?トラフィック? を見るに、米国のSEOエキスパート、 Bruce Clay氏のOnline Media Dailyでのインタビュー記事を元に言及されるを引用すれば、
SEO
(ry
は便利な指標なので、「使えない」は言いすぎでしょうが、「成果(売上やリード獲得)」に結びついているのか、本当に質の高い訪問者の誘導が行えているかを判定するには、ランキングで見ても意味がないといえるでしょう。
とあるを、 順位が上がったの下がったの、 剩へ、それ専用に膨大な経費を振り向けるは好ましからぬ処、 扠も有名司会者の降板抔の経費削減、各紙、地方迄含めた再編の動き抔、 テレビ業界の現状を鑑みるに旧来型の垂れ流し型広告が効験を失うは明白、 大手広告代理店に半分は消え処の分からぬ予算を割くは愚行の謗りを受けこそすれ、 往古の神通力は腰砕けと云う程、馬鹿馬鹿しいことではなくも、 矢張り少々時代遅れのSEOと云う流行熱に浮かされた感は無きにしも非ずが如き情勢に、 有効なカウンターパンチになればと願うも、 先ずは暖簾に腕押し、糠に釘、 暫くは訪れる先で相談される毎に説明するのも煩わしき状態が続くのだろうと辟易は被害妄想なる哉。
スポンサーリンク