世界の常識アクセス解析

アクセス解析と云えば其の言葉が広く普及することに貢献したブログ付属のものは、 大概がオマケ程度の機能しか有さず、其の意味を理解するには却って弊害となることが窺われる昨今、 Web担当者Forumの株式会社デジタルフォレストの清水昌浩氏の手になる連載コラム ここが変だよウェブマーケティング の第6回は2009年1月6日の記事 「最適化のため」のアクセス解析はもはや世界の常識! にはブログで云うアクセス解析とは質的に異なる次元で認識するに有用なる様に、 又、利用せずにはビジネス的なブログ、ホームページ、 延いてはWebの効果的利用はあり得ないことを首肯せざるを得ない内容になっているかに思います。
スポンサーリンク
其れが先ず判然たるのは其の導入目的に於いての本邦と世界全般との比較にて
日本においては、あくまで私の感覚であるが、「 サイトの現状把握 」「 広告効果測定 」という2つの目的のためにアクセス解析を利用する企業が多い。いわゆるWebマーケティングの見える化だ。
(ry
それに対して世界では、アクセス解析の利用目的として「 サイトとコンバージョンの最適化 」をあげる企業が最も多い。サイトの現状把握やキャンペーンの最適化ももちろん多いが、サイト側の最適化を目的とする企業の割合が最も高い。
とアクセス解析の辿る道筋が見通せ、 確然と行き付く先をサイトを最適化し成果を得ることとし、 漫然と眺めているものではないことを勿論思い知らせてくれ、 となれば次に示される結果も当然の如きに思われるは、 効果を齎すには即ち投資が欠かせないことを物語るべく、 効果を求めとせばすほど、投資額は上がる、 即ち高機能ツールの利用が求められ、 此れは入門的段階の未だ意識が低く、認識の甘い、 鹿爪顔でオマケアクセス解析を眺める所謂ビジネスブロガー抔の、 屡辟易させられる、アクセス解析の利用主張と符合します。
次なるアクションを生ぜしめるにはアクセス解析に基づく経営トップの断固たる意思決定が欠かせず、 本邦では未だ意識の点からも有効性を発揮出来ていないアクセス解析を利用するには、 経営トップが直接関与すると云う意味では小回りの利く中小企業には有利と考えられども、 大手とは云え、弾力性を失えば瞬く間に凋落は免れぬ近来の状況は、 予断を許さず、紹介記事に項目立てられる何に注力すべきかは、 幾つかの条項を上げられども、中小にとっても大手にとっても 分解して考えられるべき条項では無く、 其れは記事でもポートフォリオの大きな部分を占める条項と云う含みを置くものだと忖度すれば、 自社にとり最も有効性を発揮させるべくバランス良くリソースを配置すべきだと考えます。

此の多くアクセス解析の利用状況に付いて考えさせられる記事を拝見する折りしも、 株式会社アイレップのSEM総合研究所では其の筋では有用な知見を屡齎してくれる 渡辺氏を中心とした見通しが2009年1月27日のニュースリリース アイレップSEM総合研究所、 2009年 検索エンジンマーケティング業界の展望を発表 で公開され、五項目挙げられるは
  1. ユニバーサル検索とパーソナライズ検索の拡大
  2. SEOの相対的な重要性が上昇
  3. ランキングの相対的重要性が大きく低下
  4. 検索連動型広告の精度が更に向上
  5. 自動入札管理ツール導入が本格化
とされ、2項目目の「 SEOの相対的な重要性が上昇 」 抔ではSEOの価値上昇に伴い屡見られるSEO対策の無効性に言及され、 現状を鑑みれば相反する矛盾した知見かに思われるも、 此の命題の真となるべく状況は変化、 怪しげなSEO業者が淘汰されるのであると考えられるのが面白くありますが、扠、 3項目目の「 ランキングの相対的重要性が大きく低下 」では
今後も1つの指標として検索順位は重宝され続けますが、真の費用対効果を見極めようとするマーケティング担当者は、順位や誘導数、成果数などの複数の指標を総合的に検証して判断する必要に迫られるでしょう。
とされ、只闇雲に検索ランキングを上げるにリソースを投資するよりも考慮すべきである、 此の指標収集の為にも欠かせぬ要素のアクセス解析の重要性が愈々増すものと考えられます。
スポンサーリンク