グラフ選択チャート

データの可視化を実施する際、 案外悩む処のグラフの選択にて
  1. 円グラフ
  2. 折れ線グラフ
  3. 棒グラフ
  4. 散布図
と云う代表的なグラフより、 いざ選べと云われる其の場に直面すれば覿面に指し示して見せるは中々に困難と存ずるを、 当ブログの2008年10月5日の記事 可視化に欠かせぬグラフの利用法 にてご紹介のWeb担当者Forumの 衣袋宏美氏によるコラム データをざくざく処理するためのグラフの読み方使い方 の第2回なる 代表的な4つのグラフの使い分けのポイント にて明確なる判断法が掲載されていれば、 利用するに如くはなく、 まとめ として項目立てらてる中に表示さる YES/NOチャート 黙って座ればピタリと当たるも八卦当たらぬも八卦の簡便にして有用なるツール、 また下に引用させていただく図4の表
図4 利用頻度の高いグラフの種類
系列数 質的視点 量的視点 グラフ
折れ線 散布図
1つ 項目や指標間
の比較
絶対数

割合%


時系列変化 絶対数/割合


2つ
以上
項目や指標間
の比較
絶対値

時系列変化 絶対数/割合


項目や指標間
の関係性
回帰線
相関係数



抔も合せて参照すれば、 此処にては嬉しい悲鳴ともならぬグラフ選択の悩みを 少しでも軽減できると同時に、 頻繁に使用される代表的なグラフの大凡の特徴も掴め、 作成側にてあらぬ、閲覧側にても有効なるものと思います。 合わせて同コラム第3回 円グラフの使い分けを論理的に考える には当アーティクルに登場の代表的グラフのひとつ、 此れは彼の名高き白衣の天使 ナイチンゲール女史の考案なると聞き及びます、 パイチャート、 即ち円グラフの尚詳細に言及されており、 知らず知らずに選択していたその使用法の己の模糊たる判断理由が明確にされれば、 ご参照もまた苦しからずと存知ます。
スポンサーリンク

「グラフ選択チャート」への1件のフィードバック

  1. グラフ選択チャート2

    データの可視化を実施する際、案外悩む処のグラフの選択とて円グラフ折れ線グラフ棒グラフ散布図なる代表的なグラフより強いて選るに直面すば時と場合に依っては中々に困難なるを、当ブログの2008年12月10日のアーティクルグラフ選択チャートにて、Web担当者Forumの衣袋宏美

コメントは受け付けていません。