無料PDF作成サービス追記

ひょんな折に必要となるはPDFファイルへの変換につき、 其の様な時には手元に必要な環境が整っておらぬが多いものとて、 当ブログは2008年11月15日のアーティクル 無料PDF作成サービス には、様々な当該サービスをご紹介するに、 IDEA*IDEAは2009年3月4日の記事 日本語サイトでもきれいに変換!HTMLをPDFにしてくれる『HTML-PDF-CONVERTER』 が公開されれば、早速試用の後の当アーティクルに於ける、 11月15日アーティクルへの追記として紹介し度存ずるこそ、 HTML to PDF Converter にてあります。
スポンサーリンク
其の考え方、操作方法は、11月15日アーティクルで紹介する内二番目なる、 Asial提供の HTML2PDF.BIZ :WebサイトやHTMLからPDFを生成 と同様にてオンライン上のホームページのURLを入力することに依って、 当該ページがPDFファイルへと変換されると云う寸法です。 但し、Asialでは無料版でも其れなりに、有料版では更なる機能の追加して提供されるサービスも、 IDEA*IDEAにも
インターフェースがクリーン&日本語もOK&変換結果が崩れないという意味でエントリー。
と有る様に先ずは簡便なるを旨として構成される様です。

扠、其の結果はと問われれば、IDEA*IDEAより直接リンクさる、 百式サイトの変換結果を見るに、改ページとあらば画像の途中と云えども問答無用で断ち切る、 其の潔さは、ワードの編集抔にて画像の挿入時、サイズに依っては要らぬページ送りされるお節介に、 時には苛苛されるを思えば、却って清々しくすらあるかも知れません。
又、 当ブログの2009年3月5日未明の状況をPDF化(708kB) するをご覧いただけば、画像同様、 h2やらdivやらblockquote抔の装飾も有無を云わさず一刀両断、 とても流石に文字、テキストの寸断は無き様に思うものの、 フォントサイズが巨大となれば孰れか知らず、 更には上記日付現在右カラムに掲載が
  1. スポンサー:アドセンス
  2. ブログポータル情報
  3. アクセスカウンタ
抔が出力されねば、javascriptに依る表示は返還の際に打ち捨てられるものと思われます。 従って残念乍、jQueryによる 虹色に輝くブログタイトル はPDF上には再現されません。
スポンサーリンク