WM3800Rファームウェア1.2.0〜オンラインバージョンアップ手順が簡単で楽だった

WM3800R表示窓〜ファームウェア更新する

そろそろWiMAX2+の声も聞こえてくるようになりましたが まだまだ活躍して貰わねばならないのは手元に愛用のNEC製モバイルWiMAXルータ端末 WM3800R です。

ファームウェア1.2.0アップデートのお知らせ

本ブログには WM3500RWM3600R と歴代Aterm WM-Rシリーズのファームウェアアップデート情報と実運用、其の際の感想など配信して来ましたが、 今回もまた端末の有機ELディスプレイに 新プログラム公開中です の告知が齎されましたので、例に依って其の模様を本記事にものしたく思います。

なお、今回のファームウェアアップデートバージョンは 1.2.0 とナンバリングされ前回 WM3800Rファームウェア1.1.0爪楊枝要らずのアップデート から0.1だけ増えた勘定になります。 日付は2013年9月3日とされており、 またまた例に依って端末への告知が3ヶ月以上も遅れるものですが、 此れについては終ぞ改善の兆しは見えません。

アップデート内容はNEC社のサポートページ 〔※1〕

  1. セキュリティ向上のための対応を行いました。
となっており1件だけですが、セキュリティ上ともあり、 アップデートしておくに如くはないでしょう。

ファームウェアバージョンアップ手順3種

"WM3800Rファームウェア1.2.0〜オンラインバージョンアップ手順が簡単で楽だった" の続きを読む

WM3800Rファームウェア1.1.0爪楊枝要らずのアップデート

外出時には手放せなくなったNEC製モバイルルータ端末Aterm WM3800R の有機ELディスプレイに何やらいつもと異なる表示がされました。 右の写真に見える 新プログラム公開中 と言う一文です。 此れがWM-Rシリーズでは 3500R でも 3600R でも屡本ブログに扱う処となった ファームウェア・アップデート のWM3800R流のお知らせになります。

現在のバージョンの確認

バージョンアップのお知らせ、とは言いますが、では只今現在のバージョンはどうなっているでしょう。 確認してみました。 以前の機種では新機種WM3800Rの様な情報表示のディスプレイを有しない為 バージョンの確認にはモバイルルータ端末に繋いだPCなどからブラウザで管理画面に繋ぐ必要がありました。 勿論有機ELディスプレイを備えた新機種では其の必要はありません。 電源ボタンと並ぶ SET ボタンを押す度に変わる情報表示の一つがバージョンであり、其れは 1.0.0 でした。 如何にも登場したばかりの新機種を使い始めたばかりのバージョンです。

"WM3800Rファームウェア1.1.0爪楊枝要らずのアップデート" の続きを読む

WM3800R三箇月間実使用レビュー

WM3800R3箇月使用レビュー図1

NEC製のモバイルルータ端末、 Aterm WM-Rシリーズを3代続けて利用しているのは満足の証しです。 3代目となった WM3800R も其の 使用開始 以来3箇月程経ちました。 思い返せば2代目 WM3600R に於いて本体表面のビニールカバーがほつれ剥がれた際に其の 2ヶ月間に渡る実使用感レビュー をものしましたのに習い、 右上写真に見られるようにカバーの剥がれ出したのを思い切って剥がした上で、 3代目にても本記事に3箇月実使用レビューを報告したく思います。

数日経過時点との比較~初回起動設定

使用開始より数日経過した状況を本ブログに記したのは2013年5月10日の記事 WM3800Rモバイル使用開始と管理画面へのアクセス方法 に於いてでしたが、その際に最も気に掛っていたのが…

"WM3800R三箇月間実使用レビュー" の続きを読む

WM3800RでSSIDを変更してステルス機能を利用する

先月 2013年5月10日の記事で紹介した使用開始 以来、快調に手元のIT環境を出先でインターネットに接続してくれている NEC製の最新型モバイル WiMAX ルータ端末、Aterm WM3800R です。 同月23日に開催された浜松西部ブログ村では ご来場いただいた方々にもインターネット環境を提供するなど 大活躍してくれています。 なお、明日2013年6月20日は第28回浜松西部ブログ村の開催日でもありますので、 下のリストの本ブログ記事などをご参考に足をお運びいただければ幸いです。

無線ルータのSSID

インターネット接続環境をイベントなどで提供する際に、 接続するルータ端末を識別するのに役立つのが SSID (Service Set Identifier)です。 これは端末に所与のものとして最初から備えられているのですが、 英数字の羅列でとても覚えられるものではありません。 勿論イベント会場などで気軽に口頭で伝え易いものでもないのです。

"WM3800RでSSIDを変更してステルス機能を利用する" の続きを読む

WM3800Rモバイル使用開始と管理画面へのアクセス方法

モバイル環境としてNEC社のAtermシリーズのモバイルルータ端末である2世代 WM3500RWM3600R を1年毎愛用、さて次世代の WM3800R の契約満了時の予想通りの登場の際に、 気乗りのする条件のキャンペーンが見当たりもせず、 諸々周囲の状況を鑑みて一旦は必要なしと判断したものの、 一度実際に失えば支障も些か有り哉無し哉、 と保留を2ヶ月程試行した折、目にした広告がお名前.com傘下の とくとくBB が展開する1年縛り、月支払いが1,980円の スーパーゴールデンMAXキャンペーン であり、其の概要と契約について先日2013年5月5日、本ブログに記事 NEC Aterm後継機種WM3800Rの登場と月1,980円キャンペーン をものした処でした。

同梱内容物

端午の節句の日の記事に記したのは配送業者に依り届けられた端末を開梱、満充電した処迄でしたが、 其の内容物は下の写真に示す如く端末本体及び充電用ACアダプターを含む以下となっていました。

"WM3800Rモバイル使用開始と管理画面へのアクセス方法" の続きを読む

NEC Aterm後継機種WM3800Rの登場と月1,980円キャンペーン

モバイル環境が急速に整い始めた近年、 様々な方式が有る中にもイーモバイルなど使ってみた後に切り替えた WiMAX が相性も良く、2011年から2012年には WM3500R を、2012年から今年2013年2月迄は WM3600R を愛用しました。 どちらもNEC社のAtermシリーズで実に良く出来たモバイルルータ端末でした。 契約期間も他の類似のモバイル接続提供サービスの2年縛りと異なり1年で満了するのは魅力でしたし、 お陰で1年毎に WM3500RWM3600R と最新の端末に切り替えられた訳です。

WM3800R登場と関連キャンペーン

NEC社も此の端末シリーズで随分と評判を博し気合も入っているのでしょう、 2013年になってもシリーズ新端末を世に送り出しました。 WM3800R です。 先ずは間違いの無い端末であると思われるだけの信頼は 既に此のシリーズは勝ち得ています。 当然のようにこの名シリーズ端末を絡めたWiMAXキャンペーンが 各プロバイダから提供され始めました。

ただ少し光明は見えるものの未だ不況の感強い中であるためか、 どうしても其れ程魅力的に思えるキャンペーンもなかったのも正直な処事実でした。 2年間端末と共に利用していたサービス自体は文句がつけようのないNEC系プロバイダの BIGLOBEの発表した継続キャンペーンも愛着はありながら、 どうしても継続の踏ん切りが付かず契約を打ち切ることにしたのでした。

スーパーゴールデンMAXキャンペーン

数ヶ月モバイルルータ端末無しで過ごしてみて 驚くのは世の中に大いにモバイル環境が整ってきていることでした。 行く先々のお店やイベント会場にはWi-Fi環境が整備され、 満足出来るスピードでそれも多くは無料でインターネットに接続出来る環境が提供されているのです。

ただし、飲食店などでは無理もありませんし仕方がありませんが、 イベントを開催する立場に関わらず恐ろしくモバイル環境の整備に無関心な会場提供者もあり、 その言い分に耳を疑うことも屡、 なかなか其の姿勢でイベント開催などとは烏滸がましい気もしたものですが、 受け容れざるを得ない状況もあり、 仕方なく知らず知らずに個人的にモバイル環境のキャンペーンなどに注意を払っていもしたようです。

GMOとくとくBBスーパーゴールデンMAXキャンペーン "NEC Aterm後継機種WM3800Rの登場と月1,980円キャンペーン" の続きを読む