WordPressのアイキャッチ画像は英語でfeatured image

以前に良く見掛けた、 タイトルで言い切った 、的なエントリーです。 知ってる向きには何を今更、と言った処にて、 以下読む必要はありません。

featured image アイキャッチ画像

上にリンクを貼り置いた Standing on the Shoulder of Linus ブログの2010年4月8日の記事では、 WordPressのバージョン2.9に於いて 投稿サムネイル機能 が追加され、バージョンが3.0に上がると其れは Featured Image と命名されたそうで、其の和訳こそ今WordPressユーザーに一般に流通する アイキャッチ画像 なのでしたが、日本語の決まっていないベータ版で訳が割り振られたそうなのです。

浜松市鴨江寺仁王門阿吽像
浜松市鴨江寺仁王門阿吽像

恥ずかしながら此の事実に気付かされたのは…

"WordPressのアイキャッチ画像は英語でfeatured image" の続きを読む

WordPressで特定親カテゴリーとその子カテゴリー全ての記事一覧を日付順に取得する

WordPress案件でよくある要請にカテゴリー記事一覧の表示があります。 単に特定の単独カテゴリーの記事一覧であれば 其の方法はネット検索すればかなり豊富に見付かります。 此れが複数カテゴリーの記事一覧の表示になると些か其の方法が見付かり難くなるのは カテゴリーの複数化に因る表示のバリエーションが増え、 情報が其々の状況に応じたものに寄せてあって目的に適い難い部分が出てくるからかも知れません。

バリエーションの一つとして此の要請のオプションに於いては屡々 カテゴリーの親子関係を考慮した記事一覧の表示が求められと言う条件が与えられます。 具体的に言えば 複数カテゴリーの其々最新の記事を一つづつ表示したり、 複数カテゴリーを横断して最新の記事を任意数表示したりする条件から、 中には親子カテゴリーを考慮して特定親カテゴリーに属する子カテゴリーの其々の記事一覧を表示したりするものまで なかなか多様な条件に彩られると言っても良いかも知れません。

手元で実現したい条件としては 特定の親カテゴリーの記事一覧と其の子カテゴリー全ての記事一覧を合わせて 中から日付順に表示していく必要があるもので、 此れもオプションとしては要請の度合いが高いものに属するかも知れません。 此の条件を実現しようとすると どうしても複数カテゴリーの記事の全てを取得して 時系列で整列させて上で表示させなければならなくなります。

"WordPressで特定親カテゴリーとその子カテゴリー全ての記事一覧を日付順に取得する" の続きを読む

WordPressでjQueryを必要とするJavaScriptファイルをjQueryの後に読み込む

世の中フロントエンドと言えばFacebookの提供するフレームワークなどで大規模なものを想起し勝ちとなりましたが まだまだホームページに於ける小規模な実装では jQuery が活躍しますしWordPressの2017年最新版に於いても標準で読み込まれるような実装となっています。 ちょっとしたスムーススクロールやアンカーリンクの無効化などを一部に適用するなどの要請では 特定のページに読み込むだけの実装で済ませられれば大規模なフレームワークでは些か冗長さを免れません。 jQueryを利用すれば此れ等の如きJavaScriptファイルは僅か数行となりますから尚更です。

懐かしのポケコン シャープポケットコンピューターPC-1210
懐かしのポケコン シャープ ポケットコンピューター PC-1210

此れをWordPressの特定ページに読み込ませたりする際には functions.php にWordPressの特有関数 wp_enqueue_script を用いてファイル読み込みを実装するのが定石でしょう。 例えばhomeで関連づけられた wp_register_style を用意して孰れかのタイミングで add_action おけばif文で条件分岐した wp_enqueue_style で読み込めると言った塩梅で実に重宝です。

"WordPressでjQueryを必要とするJavaScriptファイルをjQueryの後に読み込む" の続きを読む

固定ページ内のショートコードでショートコードを含む埋め込みウィジェットを機能させる方法

WordPressに於いてショートコードは使い出があり2015年3月12日に最終更新されているサイト WordPressの実 の記事のもある通り投稿ページや固定ページの記事内でPHPコードを実行させるべく下手にプラグインを用いるよりは 安心も出来るため頻繁に用いる処です。 固定ページにはPHPコードではなくショートコードを利用する!

処で今回固定ページの中ほどにウィジェットを表示させたい要請がありました。 元来ブログシステムはオンラインで記事編集出来るのが旨味であり 其の延長線上にあるのが通常はサイドバーなどに表示させるウィジェットです。 然るにウィジェット上の編集を固定ページや投稿ページの中ほどに反映させたい要請も必然です。 此処でウィジェットに記述された内容をコピー&ペーストすれば宜しいではないか、 という解決法が先ず想起されますが今回此の方法の採用はなりません。 なんとなれば中ほどに表示させたいウィジェットにもショートコードが用いられていたからです。 ウィジェットの記述をそのままコピー&ペーストすればショートコードが実行されないで ソースコードが其の儘出力される結果となります。 此れを避けるべく当該ショートコードに対応する処理をfunctions.phpに記述するのは 返って複雑化を招き難儀な状態となる処か、 利用者に取ってはブログシステムの旨味も享受出来なくなり本末転倒です。

"固定ページ内のショートコードでショートコードを含む埋め込みウィジェットを機能させる方法" の続きを読む

親テーマをTwenty FifteenからTwenty Sixteenに移行する

只ほど高いものはない、と言う訳で無料ブログサービスシステムから WordPressに二つのブログ、1,000以上に及ぶ記事をまとめて移行したのですが 合間、合間の作業ともあって随分と時間が掛かってしまいました。 テーマは親テーマに独自のカスタマイズを少々施す子テーマを宛てがう手法を採用しました。 移行作業開始時の親テーマには最新のWordPress標準のテーマ Twenty Fifteen を利用しましたが年も改まって最新の標準テーマ Twenty Sixteen が提供されていますので 移行のほぼ完了した段階で親テーマを最新のものへと更新した次第。

確認したところTwenty Sixteenがインストールされてもおらない状況でしたので 先ずは其のインストールからです。

管理画面 >> 外観 >> テーマ >> 新しいテーマを追加  Click!
Twenty Sixteen >> インストール  Click!
"親テーマをTwenty FifteenからTwenty Sixteenに移行する" の続きを読む

不審なアクセスとWP-Banプラグインの導入

WordPressで作成したブログサイトのメンテナンスとしていつものように 404 Not Found 出力を見ていれば不審なアドレスへのアクセス試行が幾つか見受けられたので対処が必要となりました。

先ず一つ目の不審なIPアドレスが得られたのは 2016年10月11日午後0時26分に立て続けに6回のアクセスの試行が記録されていたログからでした。 以下が其のソースURLのリストになります。

  • /admin​/fckeditor​/editor​/
  • /fckeditor​/editor​/
  • /common​/fckeditor​/editor​/
  • /manage​/fckeditor​/editor​/
  • /js​/fckeditor​/editor​/
  • /include​/fckeditor​/editor​/

リファラーは記録されておらず如何にも怪しいアクセス試行です。 大体が運営ブログに上記リストに該当するアドレスは用意してありません。 其処で fckeditor をWikipediaで調べてみると以下の引用の如き記述があります。

FCKeditorはオープンソースのWYSIWYGテキストエディタでWebページ上で使うことができる

また fckeditor​ セキュリティ でネットを繰ってもどうも場合に因っては脆弱性を有する恐れも有り勝ちな情報が目に止まります。 恐らくは、不自由と言うと語弊がありますがWordPress上のエディターより Web上のエディターに特化した此のツールを好んで使用している多くのユーザーが居て 彼等の使用ツールの脆弱性に付け込むべくWordPressを利用しているサイトを見付けては 上のアドレスをクロールして回っている輩ではないかと思われます。

"不審なアクセスとWP-Banプラグインの導入" の続きを読む

Twitter Bootstrap 3正式版適用とTwenty Thirteenのセンターレイアウトのズレ調整

忙しくしていて些か時期を逸した感があるブログ記事となりますが、 本ブログにてリリース候補の バージョン3 RC1 及び バージョン3 RC2 を記事に取り扱ったTwitter Bootstrap が2013年8月の米国現地時間19日は丁度其の誕生から2周年となる当日に、 バージョンを表す数字からリリース候補を意味するRCが抜け落ち正式なバージョン3となりましたので、 早速日本時間の20日、手元のWordPressシステムに於いて最新のテンプレート Twenty Thirteen を採用したサイト サウンド追っ掛け情報 に適用した模様など、共有したいと思います。

Twitter Bootstrap 3正式版のWordPressへの適用

Twitter Bootstrap公式サイト からダウンロードした圧縮ファイル bootstrap-3.0.0.zip を解凍すると例に依って dist フォルダが用意せられ中味は以下のリストの如くなっており、 リリース候補の時より増えています。

"Twitter Bootstrap 3正式版適用とTwenty Thirteenのセンターレイアウトのズレ調整" の続きを読む

Bootstrap(3RC2)のセンターレイアウト機能とTwentyThirteenとの整合性

WordPress上でTwitter Bootstrapを用いて 色鮮やかなボタンを手軽に実現 したり、これまた お手軽なグリッドシステムを用いたレイアウト及びレスポンシブWebデザインを実現 したりしましたが、勿論Bootstrapの実力はこんなものではありません。 今回はホームページの作成者が先ず気に掛けるであろう全体のレイアウトについて、 レスポンシブWebデザインを実現した上のセンター合わせを Twitter Bootstrapを利用してWordPress上に実現してみます。

因みに2013年8月16日付けでTwitter Bootstrapのバージョンが3の RC(リリース候補)2にアップしていましたので、今回は以下2ファイルを 最新バージョンに差替え、大凡今迄の実装に問題の出なかったのを見ての作業となります。

  • bootstrap.min.css
  • bootstrap.min.js

Twitter Bootstrapのcontainerクラス

j時代に依って閲覧端末の性能も変わればホームページのレイアウトも其れに連れて変化するもの、 現在ではホームページは大概…

"Bootstrap(3RC2)のセンターレイアウト機能とTwentyThirteenとの整合性" の続きを読む

TwitterBootstrapがキャンセルするTwentyThirteenのサイドバーとフッターの重なりを復元する

WordPressのバージョン3.6から登場した新テーマ Twenty Thirteen では其のレイアウトにかなりjQuery等、JavaScriptが活用されています。

TwentyThirteenに於けるサイドバーとフッターの関係

一昨日、2013年8月14日の本ブログの記事 新テーマTwentyThirteenを有効化してTwitterBootstrapのグリッドシステムを使う では其の一つ、サイドバーとフッターの関係を取り上げました。

新テーマではブレークポイントを超えるデスクトップ仕様の解像度に於いては フッターのウィジェットが右にサイドバーの幅分の余白を開け、 其処へコンテンツ量を超えるサイドバーの長さが喰い込んで来る塩梅となっていました。

"TwitterBootstrapがキャンセルするTwentyThirteenのサイドバーとフッターの重なりを復元する" の続きを読む

新テーマTwentyThirteenを有効化してTwitterBootstrapのグリッドシステムを使う

セキュリティを考慮すればWordPressのバージョンアップは欠かせぬ作業とて 手元の幾つかのWordPressシステムを利用したホームページにも適用、 その内の一つが2013年8月2日の記事 Twitter Bootstrap 3 RC1を導入してワードプレス子テーマを作成する にも記した サウンド追っ掛け情報 にて、ご多分に漏れずアップデートを実施しましたので新テーマ Twenty Thirteen を使えるようになりました。 2日の記事にある如く、当該サイトには Twitter Bootstrap 3 RC1 を導入していましたので図らずもWordPressとTwitter Bootstrapの共存環境が出来、 検証出来る塩梅となったのです。

Twitter Bootstrapを適用したサイト

Twitter Bootstrap 3 RC1をワードプレスに導入してボタンを表示してみた

実際にTwitter Bootstrapを適用したサイト上で其の機能を利用したボタンを表示してみたのが上の画像の記事 Twitter Bootstrap 3 RC1をワードプレスに導入してボタンを表示してみた になります。

"新テーマTwentyThirteenを有効化してTwitterBootstrapのグリッドシステムを使う" の続きを読む