iPadの操作法ピンチインとピンチアウト

iPadでピンチイン、ピンチアウトしちゃおう! 近日発売された二代目の評判も絶好調の iPad では、本ブログに紹介した基本操作法が以下、

でしたが、今回は加えて ピンチ と言う操作法をご紹介したいと思います。 この操作法も上の二つに負けず劣らず iPad が直感的に扱える印象を与えるのに一役買っています。

iPad ではピンチとは画面に触れた二本指を開いたり閉じたりする操作を言います。 ピンチ(pinch)を辞書を引けば「つまむ」とあります。 iPad のピンチには ピンチインピンチアウト があり、前者のピンチインこそこの「つまむ」動作に相当します。 そして逆に画面に触れた二本の指先を遠ざける操作が ピンチアウトということになります。

この基本的操作法は様々な処で用いられますが、 先ず何より iPad を知らない方が吃驚するのが 標準で備わっているインターネット閲覧用アプリ Safari でのピンチアウトした時の画面の拡大です。 お年を召した方など目が見え難い方に喜ばれる機能です。 また操作法が理に適っていると感じるのがこれも標準装備の 写真 と言うアプリです。 沢山重ねられた写真の束をピンチアウトすると 写真が一枚一枚画面上に広がります。 広がった写真達をピンチインすると また元通りの一束に纏まります。 実に直感的な操作は快感にも感じられることでしょう。

此処迄に記した事項は基本的に二本指での操作によるものでした。 実は2011年6月現在では標準では装備されていない 2本指以上での操作も存在します。 本ブログに於いて2011年5月13日に記事にした iPadの先取り操作法マルチタスク用ジェスチャー にその詳細を記してありますので興味のある方はご一読を。

スポンサーリンク

「iPadの操作法ピンチインとピンチアウト」への1件のフィードバック

  1. Opera(オペラ)という名のブラウザ

    インターネットを閲覧するには必須のソフトウェアがブラウザです。本ブログでもしばしば引用するのが2010年11月20日の記事ブラウザって何?で、その説明を試みています。記事内に幾つか例を挙げています。これらはブラウザでも代表的なものになりますが、其の内Opera(オペラ

コメントは受け付けていません。