Operaを11.52にバージョンアップ~Ragnarök(ラグナロク)未搭載

インターネットブラウザの一つ OPERA(オペラ) を開こうとすると上の図の様なダイアログが表示され、 よもや本ブログ2011年10月12日の記事 OperaのRagnarök(ラグナロク)は安定版には未登場 に記した Ragnarök(ラグナロク) が搭載されたのではと思い、 バージョンアップすることにしましたので上の図で はい ボタンをクリックしました。

手元の環境はWindows7ですのでセキュリティ上のダイアログが 表示されるとそれにOKを出して更新プログラムを実行します。 すると…

スポンサーリンク

上の図の様なプログレス画面が表示されるのですが、 左上タイトルを見るとバージョンが11.52となっています…ん? 10月12日の記事では

  • バージョン:11.51
  • Build:1087
だったから余り変わっていないような…。

プログレスダイアログは数十秒で消え更新インストールが完了すると OPERAが自動的に立ち上がり上の図の様なページが表示されます。 右に矢印を繰って行くと以下のパージョンアップ内容が説明されていました。

  1. Speed Dial がライブでダイナミックに
    このリリースで、Opera の Speed Dial は、お気に入りの Web サイトのプレビューを単に表示するだけではなくなりました。新しい Speed Dial エクステンション(拡張機能)では、ニュースフィード、天気予報、お気に入りのフォトコレクションなど、さまざまなライブ・アニメーションコンテンツを表示することができます。
  2. パスワードの同期
    Opera Link はブックマーク、その他のブラウザ情報を同期します。パスワードは、ご利用中のあらゆるコンピュータで使用することができます。パスワードが Opera Link 内で安全に保持されるように、Opera のセキュリティも強化されました。
この説明を見る限り OPERA DESKTOP TEAM の公式ブログ2011年10月7日の記事で公表された An updated Core, with Ragnarök and CSS3 radial gradients (説明ページ:英文)ベータバージョンに搭載されたというHTMLパーサ Ragnarök は安定バージョンには未だ登場しないようです、 う~ん、残念。

念の為、バージョンを調べてみたら

  • バージョン:11.52
  • Build:1100
  • プラットフォーム:Win32
  • システム:Windows 7
となっていました。

スポンサーリンク