続おみくじタイトル電光掲示板風

当ブログ2008年8月15日のアーティクル おみくじタイトル電光掲示板風 では 電光掲示板風タイトル最終形(おみくじ版) を最後にRafaël Rozendaal 氏によるサイト RAFAEL ROZENDAAL でのブラウザのタイトル部分に於けるjavascriptを利用した電光掲示板風動的表示機能が、 当ブログトップ頁より消え去るのを淋しく思っての、 ブログタイトルではなくアーティクルタイトルに当実装を施したエントリにて、 直接アクセスの方にはアーティクルタイトルをご覧あれ、 トップ頁よりご覧の方はアーティクルタイトルクリックによりご覧いただけるのが、 電光掲示板風に表示される中にご託宣の 御神籤 機能の提供でしたが、 又もや20記事の投稿を経るや、其のアーティクルの次頁の果てに追いやられるに、 当ブログトップよりは1クリック増加の煩わしき折なれば、 其の際の
羽田野太巳氏の手になるITproの記事 DOMから始めるJavaScriptモダン・スクリプティング の第3回 DOMスクリプティングのことはじめ(1) ~要素(タグ)を狙い撃ち~ の項目 子要素・親要素を参照する で見られる通り ホワイトスペースノード の取扱いが IE のみ異なる為、処理を分岐していますが、 childNodesで出現順を力技にて入力と云う愚考を犯しており、 システムの異なる他ブログへ移行すれば機能欠落の恐れ有るも、 本課題は次回に譲りたく思います。
なる譲られた課題を取扱った上での当アーティクルのエントリです。

お御籤の結果は 大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・大凶 の七種類、 特にアクセスに関連した制限は設けていませんので、 納得のいかれる迄、頁を更新して、好ましい結果をお持ち下さい。
スポンサーリンク
前回の方策としては DOM の指定はアーティクル内に基準のオブジェクトを設け、 其処からの相対パス的指定に依っていましたが、 如何にも指定の煩わしく、力技に頼る部分も多ければ、 参考にさせていただいたのは羽田野太巳氏の手になるITproの記事 DOMから始めるJavaScriptモダン・スクリプティング の今回は第4回 DOMスクリプティングのことはじめ(2) ~要素(タグ)を狙い撃ち~ の中にも 要素に囲まれたテキストを抜き出す として項目立てられている部分で、 当該個所掲載のコードを以下
var h3 = document.getElementsByTagName(´H3´).item(0);
var elem2 = h3.firstChild.firstChild;
の如く小変更すれば其の儘、目的は達成でき、 前回に比較して随分と行数の減った上に、 IE の分岐の必要もありません。
スポンサーリンク