ECサイト構築に於けるMASHUP

当ブログ2008年6月8日のアーティクル Gartner予測の今後5年間に普及する革新的技術 にてご紹介した10の技術の内、 十分普及した感があるとして違和感を訴え乍の一箇月も経たぬ内の 下記 Web担当者Forum の神野恵美氏の2008年7月1日の記事 ロックオンののECサイト構築パッケージ「EC-CUBE」でSBPS決済代行サービスの利用が可能に を拝見すれば、 頃日オープン化され話題となった EC-CUBESBPS決済代行サービス との連携に依りオープンソースECサイト上にて 標準で利用出来る決済代行サービスの選択肢の増えるのみを現すにあらずしての、 Gartner予測がひとつMASHUPの具現化と云われれば、 様々のWEB技術のコラボレーションに依りアジャイル開発の可能になるは確かな所見の、 考えて見ればカートシステムや顧客情報管理等と、 与信を含む決済システムはシステム的にもデータ的にも独立案件にて、 既存の信頼すべきシステムを夫々採択した 延長上には信頼すべきシステムが費用を抑えた上に存在すれば、 これぞ立派なMASHUPと感じた上、 以前の言及の己の不明を恥ずべくも、 今此の状況を閲すれば正しく向後益々普及の加速するものと思われます。
上記以てして相応な方面にては一からWEBアプリケーションを構築する抔は愚かなことと切り捨てられ、 事業に於けるIT化では、順当であると思われる知識を広く保有し、 合目的的に取捨選択し、適材適所に採用する能力が必要不可欠になる様に思われ、 日々精進すべき必要を感じます。
スポンサーリンク