Gmailに於けるワンソースマルチユース

Gmailと云えば当初1GBと云う大容量を惹句にネット界に一大旋風を巻き起こした、 クラウドコンピューティングの魁ですが、日々提供容量は増え今や6~7GB程にもなることにも、 最早驚くことも無い位普及のなり、既に欠かせぬWebツールとして世に浸透するに、 使い込まれたGmailでは当然乍登録メールアドレスの増え、 別段その利用法を考えるも無い儘居りしを、 Google Maniaの2008年9月25日の記事 Gmailの『連絡先』が独立したコンテンツとして利用できるように を見れば、 当記事に述べられる如きが具体的利用のイメージが湧かぬは我が想像力の貧困さを嘆くべくも、 オープンID抔の試みも見られる如く、一元的管理のなれば様々な場面に煩雑さの軽減され、 ワンソースのマルチユースは歓迎するべき処、 孰れ大いに活用されんことが予感されます。
Gmailを頻用される方は是非ともログインの状態の儘、 http://mail.google.com/
mail/contacts/ui/ContactManager
にアクセスあられんことを。
スポンサーリンク

「Gmailに於けるワンソースマルチユース」への3件のフィードバック

  1. 仮想化とクラウドコンピューティング

    何やらヴイエムウェアと表記されると馴染み無き疎外感の、VMwareとされれば即ち例の仮想化のとすぐさま結び付くのも不思議の感あるZDNET Japanの藤本京子氏文責の2008年11月17日の記事「大企業はより効率のいい仮想化運用を、中小企業にはクラウドを」、ヴイエムウェアの戦略

  2. クラウドの両雄

    クラウドの両雄、GoogleとAmazonをそう呼んで構わないでしょう。勿論マイクロソフトやヤフー、セールスフォース抔も欠かせないプレーヤーですが、先ずは規模と云い最適化と云い先の二社が抜きん出ていると思います。何が二社をしてそうせしめたのかと云えば、其の二社のクラ

  3. クラウド、先ずはGmailから

    クラウド、クラウドって言われても雲を掴む様な話しで何をどうしたら良いか分からない、とは最もな言い分だと思います。そんな方にお薦め!先ずはGmailから始めましょう。Gmail とは Google の提供するWebメールサービスです。まだ Hot mail 全盛期の頃、凡その其の手のサー

コメントは受け付けていません。