インターネット視聴率調査の単位はドメインからページへ

インターネットのトラフィックの把握には欠かせない存在のサイト Alexa(アレクサ) にては従来提供さるのは、ドメイン単位のトラフィックリポートなれば、 大いにサイト評価には寄与していただいていた処、 秋元氏のサイボウズラボ・プログラマー・ブログの2008年11月12日の記事 Alexa(アレクサ)にWhat's Hot on the Web(今どこが熱い?)ランキングが増えた で紹介さるは同サイトにてページを単位として新しくトラフィックリポートが提供される様になったなる旨にて、 当該サービスが What's Hot on the Web の2008年11月下旬に入る時点で秋元氏紹介時点26ページから少し表示ページの増え、 60ページとなっており、 5分毎に更新される表示は只今閲すれば上位にyahoo.comの多く占めるに成程と肯じせしめらる感がありますが、 体裁はトラフィックリポートと云うより、 トラフィックランキングと云った感じの仕上がりになっている様です。

氏も言及されている通り、紹介サイトは全世界的に普及するサービスですから 勢い世界中のサイトが対象になり、如何せん日本の状況を見るには適さない面があります。
当ブログでも2008年10月28日のアーティクル パストラック利用のhamazoブログパーツ作成 でもご紹介の、 氏の所属するサイボウズラボにより提供される PathtraQ(パストラック) では其の辺りの不都合が日本語で構成されることにより多少規模は小さくなりますが解消されています。 此のパストラックに於いては 当ブログの二記事 で取り上げる如く、マッシュアップされるに適性が高い上では可能性を多く有し、 其の実際が上記事なのですが、 此れに習いアレクサのサービスも有用性の高くなるべく成長を望みたいと思います。
スポンサーリンク